豪BHPビリトン:中国の鉱山会社と共同で鉄鉱石鉱山への投資を検討

世界最大の鉱山会社、オーストラリアのB HPビリトンは、鉄鉱石需要の拡大に対応するため、中国の複数の鉱山会社と共 同で海外の鉄鉱石鉱山に投資することを検討している。

BHPビリトン・チャイナの精鉱販売担当マネジャー、マイク・ユエ氏(上 海在勤)は29日、安徽省銅陵でインタビューに応じ、BHPは、現在の「戦略 的パートナー」である銅陵有色金属集団などと共同で、海外の中小規模の鉄鉱石 鉱山への投資を行う可能性があることを明らかにした。

中国は2007年第4四半期(10-12月)まで4半期連続で11%を超える経済 成長を遂げており、世界の経済成長を下支えするとともに、鉄鉱石や銅、アルミ ニウムの需要拡大をけん引している。BHPビリトンは、中国などの国々の需要 の伸びに対応するため、原料生産を増強している。

ユエ氏は「中国企業の投資資金や投資能力を考慮し、中小規模の鉄鉱石鉱山 への投資を検討している。複数の中国企業と協議しているが、対象となる鉱山や 時期についてはまだ特定していない」と述べた。また、「中国の鉱山会社も海外 での資産買収に強い関心を寄せている。適当な資産が見つかれば、われわれは協 力し、プロジェクト開発を進める可能性がある」との見解を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE