日本株は反落見通し、米景気警戒で輸出や金融中心に下落-資源も(2

2007年度の最終営業日となる東京株式相 場は反落の見通し。米国の景気に対する不透明感が高まったことや円高の進行 から、トヨタ自動車やキヤノンなど輸出関連株中心に売りが先行しそう。金融 機関の追加損失懸念から銀行株が安くなるほか、商品市況安から三菱商事や丸 紅など資源株も軟調の公算。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。