米デルタ航空などがヒースロー空港に乗り入れ-オープンスカイ協定で

米国と欧州連合(EU)のオープンスカイ協 定によって大西洋路線が拡大するなか、デルタ航空とコンチネンタル航空、ノー スウエスト航空の米航空3社が30日、ロンドンのヒースロー空港への乗り入れ を開始した。

オープンスカイ協定により、これまで英ブリティッシュ・エアウェイズ(B A)と英ヴァージンアトランティック航空、米ユナイテッド航空、米アメリカン 航空の4社に限られていたヒースロー空港と米国を結ぶ路線の運航が他社にも可 能となる。

航空アナリストのクリス・タリー氏は「ビジネスクラスを利用する法人顧客 の獲得が、各社の主な狙いになる」と指摘した。

米USエアウェイズ・グループも31日にヒースロー空港に乗り入れる。欧 州航空大手エールフランス・KLMグループは英国とロサンゼルスを結ぶ路線を 開設する予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE