米クリア・チャンネル:第1四半期配当先送り、身売り先の要請(2)

米ラジオ局運営最大手クリア・チャンネ ル・コミュニケーションズは28日、2008年1-3月(第1四半期)の配当を先 送りすると発表した。同社の身売り先であるプライベートエクイティ(未公開株、 PE)投資会社ベイン・キャピタルとトーマス・H・リー・パートナーズからの 要請に対応したもの。

クリア・チャンネルは発表文で、195億ドル(約1兆9350億円)規模の身 売り計画の完了が困難な状況となっているなかでの決定と説明している。前回、 同社が実施した配当支払いは1月15日で、1株当たり18.75セントだった。

配当先送りは9300万ドルの節減効果となるもよう。同社は通常、四半期末 時点での株主に対し、翌月15日に配当支払いを実施してきている。買収計画が 完了するのは第1四半期末の今月31日の予定だったが、買収資金の提供に関し 銀行団と対立が生じ、遅れが生じている。

クリア・チャンネル株はこの日のニューヨーク市場で40セント(1.4%) 安の29.20ドルで終了。同社株は、投資会社2社が提示した買収価格(1株当 たり39.20ドル)を26%下回る水準にある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE