フランス:07年10-12月GDP改定値、前期比0.4%増-上方修正

フランス国立統計経済研究所(INSEE) が28日発表した2007年10-12月(第4四半期)の仏国内総生産(GDP)改 定値は前期比0.4%増となった。企業の設備投資が堅調で、2月14日発表の速 報値(0.3%増)から上方修正された。

7-9月(第3四半期)は前期比0.8%増だった。07年の年間経済成長率は

1.9%となり、06年の2.2%から低下した。

米経済がリセッション(景気後退)入りに近づくなか、欧州は経済成長を維 持している。3月の企業景況感指数はフランスとドイツ、ともに上昇した。ただ 原油相場が1バレル=100ドルを超える水準にあり、ユーロが過去1年間で19% 上げたことから、ラガルド仏財務相は今週、08年の仏成長率見通しを、従来の 「2%近く」から1.7%に引き下げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE