大田経財相:CPIは「良い物価上昇と言えない」-消費への影響懸念

大田弘子経済財政政策担当相は28日午前の 閣議後会見で、総務省が同日発表した2月の全国の生鮮食品を除くコアCPI (消費者物価指数)が前年同月比1.0%上昇したことについて、「景気が踊り場 に差し掛かっている中で、なおかつ賃金が上がっていない中での物価上昇なの で、これは決して良い上昇とは言えない」との認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。