米国株時間外:アクセンチュアが4.6%高-ベアー・スターンズは下落

米株式市場の時間外取引で、世界2位のコ ンサルティング会社、米アクセンチュアが上昇している。同社が発表した2007 年12月-08年2月(第2四半期)決算が37%増益となったことが好感された。 景気が減速するなかで、顧客企業が仕事の外部委託を増やしたことが寄与した。

アクセンチュアの株価はニューヨーク時間午後7時46分(日本時間28日午 前8時46分)現在、4.6%高の37.08ドル。第2四半期利益は1株当たり64セ ントと、アナリスト予想平均(56セント)を上回った。前年同期は47セントだ った。売上高は前年同期比17%増の60億6000万ドルとなった。

米証券大手ベアー・スターンズは0.50ドル(4.5%)安の10.73ドル。ベア ー・スターンズの前最高経営責任者(CEO)で現会長のジェームズ・ケイン氏 が、ベアー・スターンズの持ち株すべてを売却したことが当局への提出書類で明 らかになった。同会長は25日に1株当たり10.84ドルで560万株を売却した。 ベアー・スターンズの広報担当、ラッセル・シャーマン氏はケイン会長の売却理 由や売却先についてコメントを控えた。

S&P500種株価指数先物(6月限)は0.1%高の1330.9。ナスダック100 種先物(同)は横ばいの1792。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE