米国債(28日):10年債上昇、個人消費支出の鈍化とインフレ指数好感

米国債市場の10年債相場は上昇。 朝方発表された2月の米個人消費支出(PCE)が鈍化し、インフレ指 数も予想を下回ったことから堅調となり、週間ベースでの値下がり幅を 切り詰めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。