石油元売り:ガソリン卸値23円程度値下げへ-暫定税率期限切れで

新日鉱ホールディングス傘下のジャパン エナジーやコスモ石油などの石油元売り各社は28日までに、ガソリン税(揮 発油税)の暫定税率が今月末に期限切れとなった場合、4月1日からの税負担 額の変更にともなうガソリン価格の値下げ幅を1リットル当り22-23円にと どめることを決めた。Jエナジーの高田正紀・広報担当、コスモ石油の矢野達 也・広報担当がそれぞれ明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。