日本株は上げ拡大、期末接近で機関投資家の買い観測-不動産急騰(2

東京株式相場は午後の取引開始と同時に 上昇に転じた後、一段高。日経平均株価の上昇率は一時2%を超えた。午後の 急騰は、3月期末が接近し、保有株式の評価損益を改善させたい機関投資家に よる「お化粧買い」によるとみられている。住友不動産や三菱地所といった不 動産株が午後に入り急騰し、三菱商事など資源関連株は一段高となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。