韓国サムスン電子:08年は増収増益へ、LCD好調-株主総会でCEO

韓国最大のエレクトロニクス製品メーカー、 サムスン電子の尹鍾龍(ユン・ジョンヨン)最高経営責任者(CEO)は28日、 ソウルで開かれた年次株主総会で、2008年業績が増収増益になるとの見通しを 示した。液晶ディスプレー(LCD)と携帯電話の両部門の利益が半導体の値下 がりの影響を補うと説明した。

尹CEOは、サムスン電子がコスト上昇に対応する必要があるものの、新興 市場への進出が功を奏し、08年の純利益は昨年の7兆4000億ウォン(約7400 億円)を上回る見通しだと語った。また売上高は恐らく10%増になると述べた。

同CEOは「われわれは新興市場への進出に集中し、すべての主要事業で競 争力を向上させる計画だ」と述べた上で、「原油と商品相場高によって厳しい事 業環境となる可能性がある」と予想した。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト29人の純利益予想の平均 は8兆9000億ウォン。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE