ヘッジファンド・マネジャーの向井氏:銘柄よりもアナリストを重視

投資顧問会社ユナイテッド・マネージャー ズ・ジャパン(UMJ)のファンドマネジャー、向井忠志氏(43)は昨年、企 業よりもアナリストを調査することにより、競合するすべてのヘッジファンド を上回る運用成績を上げた。

調査会社アジアヘッジによると、向井氏のファンド「UMJ Neutro Fund」(運 用資産2100万ドル)は、昨年のリターンがプラス11%と、市場中立型ファンド 13本のなかで最高だった。今年1-2月もプラス2.3%と、TOPIXのマイ ナス10%を上回っている。

UMJはこの成功をモデルに、1年以内に資産を5億ドルに増やす計画。 世界株の指標、MSCI世界指数が1-3月期としては2001年以来の大幅安に なることが見込まれているにもかかわらずだ。昨年は米国のサブプライムロー ン(信用力の低い個人向けの住宅融資)のデフォルト(債務不履行)に伴うリ スク許容度の低下を背景に、投資対象を日本に絞ったヘッジファンドから77億 ドル(約7700億円)の資金が引き揚げられた。

証券会社ニューエッジ・グループの販売・資本導入担当アジア責任者、カ ービー・デーリー氏は「投資家にとってかなり明確になったのは、市場の逆境 期にも好成績を出すファンドマネジャーのヘッジファンドで、分散されたポー トフォリオを組む必要があることだ」と指摘。「日本やアジアに投資資金が戻る なか、強固で安定した運用実績のあるファンドマネジャー探しが活発だ」と語 った。

UMJのローリー・ケネディ最高業務責任者(COO)は、日本の年金基 金や銀行がすでに向井氏のファンドへの投資に関心を示したと説明。具体的な 社名を挙げずに、現在の顧客に年金基金や機関投資家が含まれていることを明 らかにした。

スクリーニング手法

向井氏は、自身のアナリスト・データベースを使い、個別株の投資判断と 過去3年間の値動きを比較している。ファンドマネジャー投票に頼る標準的な 評価とは異なる手法だ。同氏が従うのは、同氏のデータベースで1、2位にな ったアナリストのアドバイスだけだ。

向井氏は21日、東京でインタビューに答え「会社訪問の代わりにアナリス トインタビューを行っている。面接することで定性的な判断ができる」と説明。 「クオンツとファンダメンタル、両方を持っていることでコンスタントにアル ファを出せる」と語った。

同氏はまず、日本の上場企業4000社を売買高上位1500社に絞り込み、そ のなかからアナリストがカバーしていない銘柄を除外した。相場の変動が激し くなり、定量分析で銘柄を選ぶコンピューター・モデルの有効性が失われたた め、アナリスト調査を重視している。

トヨタの投資判断

向井氏は、相場の変動がより穏やかになれば、株主資本利益率(ROE) や信用売買高、利益などの尺度を使って理論株価を下回る水準の銘柄を選び出 すコンピューター・モデルを再び使用するという。

同氏の精度ランキングの首位は、みずほ証券のアナリスト、大森栄作氏。 大森氏は週刊投資情報紙「日経ヴェリタス」が今週発表した人気アナリストの 年間ランキングの半導体・電子部品部門で9位。大森氏が投資判断を「ストロ ング・バイ」としている銘柄の1つであるホシデンは、先月の騰落率がプラス 12%と、「UMJ Neutro Fund」の組み入れ銘柄のなかで最高だった。

同氏はまた、みずほ証券のアナリスト、渡辺嘉郎氏が2006年8月にトヨタ 自動車の投資判断を引き上げたのを受け、同社の株式を購入。07年半ばまで保 有し続け、25%を超えるリターンを享受した。

向井氏は、2つの戦術を使ってライバルを上回る運用成績を上げ続け、新 たな投資家を誘致することに自信を示している。

同氏は「ファンダメンタルとクオンツを合わせた私のような手法のファン ドは日本にはいないので、あとはリターンを出すだけ」と語った。

-- Editor: Bill Austin, Jim McDonald

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Tomoko Yamazaki in Tokyo at +813-3201-3119 or tyamazaki@bloomberg.net; Patrick Rial in Tokyo at +81-3-3201-3773 or prial@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andreea Papuc at +852-2977-6641 or apapuc1@bloomberg.net; Nicolas Johnson +81-3-3201-8343 or nicojohnson@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE