大和総研の井上氏:電気自動車、燃料電池車は地域ニーズごとに普及

大和総研の井上真穂シニアアナリストはガ ソリンなどの化石燃料を使用しない電気自動車(EV)や燃料電池車(FCE V)について、今後地域のニーズに合わせてそれぞれ普及していくとともに、こ のうちFCEVは2015年が節目の年になるとの見方を示した。28日朝放映のブ ルームバーグテレビジョンでコメントした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。