NY金:信用収縮懸念の後退で調整後に再上昇か-急落は買い手に朗報

最高値更新後の3営業日で1カ月の上昇 分をはき出すなど、市場予想以上の急落に見舞われた前週のニューヨーク金先 物相場。もっとも、米国の信用収縮を懸念した換金売りが一巡したとみられる なか、今後は時間の経過とともに実需が盛り返す公算が大きく、1カ月程度の 相場調整を経て再び上昇トレンド入りするとの見方が根強い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。