NY原油時間外:3日続伸-米ガソリン在庫減少や製油削減に反応

ニューヨーク原油先物相場は27日の時間外 取引で、3日続伸となっている。米ガソリン在庫が予想以上に減少したことや、 製油会社が収益性低下を理由に生産を縮小したことなどに反応した。

ニューヨークのガソリン先物は26日の取引で最高値を更新。米エネルギー 省は、先週のガソリン在庫が329万バレル減少し、2億2920万バレルとなった と発表した。

三菱商事のリスクマネジメント室アシスタントゼネラルマネジャー、アン ソニー・ヌーナン氏は、「誰もが米ガソリン在庫統計に驚いた」と述べた。同氏 はまた、「石油精製が2%減れば、潜在的には相場の10%上昇を意味する」と も指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は27日の時間外 電子取引で一時、59セント(0.6%)高の1バレル=106.49ドルを付けた。シ ンガポール時間午後3時6分(日本時間同4時6分)現在、106.15ドルで推移 している。原油相場は1年前に比べ68%高い。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE