NY外為:ドル反発、個人消費の上方修正で-1ユーロ=1.5794ドル

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対 ユーロで反発。2007年第4四半期(10-12月)の米国内総生産(GDP)統 計で個人消費が上方修正されたため、ドル買いが優勢になった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。