首相:09年度に道路一般財源化-ガソリン税率維持目指し新提案(3)

福田康夫首相は27日午後、首相官邸 で緊急記者会見を行い、道路特定財源である揮発油税(ガソリン税)の暫 定税率維持を盛り込んだ政府提出の租税特別措置法改正案をめぐり、道路 特定財源の一般財源化の時期を2009年度とすることなどを柱とする新提 案を発表した。民主党など野党が「即時撤廃」を求めている暫定税率につ いては「暫定税率を08年度から廃止するというのは現実無視の議論だ」 と語り、維持する方針を表明した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。