資産家カーコリアン氏側近のヨーク氏:米景気は「恐ろしい」状況だ

資産家カーク・カーコリアン氏の側近、ジ ェローム・ヨーク氏(69)は26日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビ ューで、米景気が「恐ろしい」状況だと感じるのは45年の職歴で今回が3度目 との認識を示した。

ハーウィントン・キャピタルの最高経営責任者(CEO)を務めるヨーク氏 は「現在の信用状況はほとんど前例がないものだ」と語り、「さまざまな種類の 債務が悪化したが、今後もさらに悪化が続くだろう」と述べた。

ヨーク氏によれば、現在の惨状に匹敵するのは1970年代の石油ショックと 1980年代初頭に米自動車会社クライスラーが破たん寸前に至った事態だけ。同 氏はかつてクライスラーで財務責任者を務めたが、カーコリアン氏が同業の米ゼ ネラル・モーターズ(GM)の最大個人株主となった後、2006年に同社の取締 役となった。

ヨーク氏は信用危機と自動車販売減少が相まって、米自動車産業への投資リ スクが高まっているとも語った。同氏は米国が「ひどい」自動車不況下にあると し、「いつ底を打つのか、われわれ全員が考える必要がある。自動車産業に投資 するのは時期尚早だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE