スイス生命2007年通期:44%増益-ゴッタルド銀行などの売却益が寄与

スイス最大の生命保険会社、スイス生命が 27日発表した2007年通期決算は、プライベートバンクのゴッタルド銀行やベ ルギー、オランダの各部門を売却したことが寄与し、純利益は前年比44%増加 し、過去最高となった。

発表資料によると、純利益は13億5000万スイス・フランと、前年の9億 3300万スイス・フランから増加。ブルームバーグ・ニュースがアナリスト9人 を対象にまとめた調査の予想中央値12億1000万スイス・フランを上回った。 保険料収入は9.5%増の242億スイス・フラン。

ロルフ・ドーリグ最高経営責任者(CEO)は、資産運用業務への進出に 失敗し、欧州での生命保険や年金事業に注力している。昨年11月には、ゴッ タルド銀行を18億8000万スイス・フラン(約1880億円)で、オランダおよ びベルギーの保険部門を15億4000万ユーロ(約2410億円)でそれぞれ売却 した。同CEOは5月に退任し、ブルーノ・フィスター氏が後任に就く。

スイス生命は売却益を最大で25億スイス・フランの自社株買いや、ドイ ツの金融サービスブローカー、AWDホールディングへの出資に充てている。 13日時点で、スイス生命はAWD株式の86%を保有している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE