東京ガス:08年度の設備投資額は前年比16%増の1069億円(2)

東京ガスは27日、2008年度の設備投資額 が前年比16%増の1069億円になるとの見通しを発表した。防災のための保安 対策設備や新規の需要を獲得するための導管への投資などに加え、京浜湾内の 3つある工場で液化天然ガス(LNG)設備の拡充を図る。鳥原光憲社長が都 内で会見し、明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。