豪ドル:対米ドルで1週間ぶり高値圏、金属相場高で-NZドルは下落

27日の外国為替市場では、オーストラリ ア・ドルが米ドルに対し1週間ぶりの高値圏で取引されている。豪州が輸出する 金属の相場上昇を受け、同国の景気拡大見通しが強まった。一方でニュージーラ ンド(NZ)ドルは下落。NZの高利回り資産への需要が後退した。

ロンドン金属取引所(LME)で取引される6銘柄で構成するLME金属指 数が上昇し、原材料の輸出価格を押し上げるなか、豪ドルは4日続伸となる可能 性がある。原材料輸出は豪経済の17%を占める。このままいけば、同通貨は4 半期ベースでも上昇となりそうだ。

コモンウェルス銀行のチーフ為替ストラテジスト、リチャード・グレース氏 は「金属相場が上昇しており、それが豪ドルを支えている」と指摘した上で、 「米ドルの下落が続く間は、豪ドルに対し弱気にはなりにくい」と述べた。

豪ドルはシドニー時間午前11時26分(日本時間同9時26分)現在、1豪 ドル=0.9192米ドル。アジア時間前日遅くは0.9195米ドルだった。グレース氏 は、4-6月(第2四半期)末までに0.96米ドルにまで上昇すると予想してい る。これは、2月29日に付けた24年ぶり高値0.9498米ドルを上回る水準。対 円では1豪ドル=91円6銭で取引されている。前日は91円12銭だった。

NZドルは1NZドル=0.8040米ドルとなっている。アジア時間前日遅く は0.8064米ドル。対円では1NZドル=79円71銭で取引されている。前日は 79円92銭だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE