アルミ圧延品生産:2月は前年同月比0.5%減-6カ月連続で前年割れ

日本アルミニウム協会(東京都中央区) が27日公表した2月のアルミ圧延品(板類と押し出し類の合計)の生産は、 前年同月比0.5%減の18万7752トンとなり、6カ月連続で前年割れとなった。 一方、2月の出荷は同3.9%減の18万4208トンで、同じく6カ月連続で前年 実績を下回った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。