「買収防衛策継続」可決へ、あすサッポロ株主総会-総会後協議が焦点

米系投資ファンドのスティール・パート ナーズから株式買い増しの提案を受けているサッポロホールディングスはあす 定時株主総会を開催する。注目の「買収防衛策継続」議案は外国人投資家が増 加したことなどで反対票が膨らみ苦戦を強いられる可能性はあるが、可決され る公算だ。市場の関心は総会後に開かれるスティールとサッポロの協議の行方 に集まっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。