日本株は続落へ、米耐久財受注減と米銀の業績懸念-輸出と金融株下落

東京株式相場は続落する見通し。26日の 米国で発表された2月の耐久財受注が予想外に前月比マイナスとなったため、 米経済に対する懸念が高まり、同国への依存度が高い自動車や電機など輸出関 連株に売りが先行しそうだ。また、米銀シティグループの2008年業績が資産 の評価損拡大により赤字になるとの予想が一部で示されたことを受け、金融株 からも投資資金が流出する見込み。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。