アイカーン氏のヘッジファンド、顧客手数料を改定-税負担軽減狙いか

米投資家カール・アイカーン氏が経営する ヘッジファンド・グループ、アイカーン・エンタープライゼズ(IE、運用資 産75億ドル)は顧客手数料を改定した。新たな手数料体系は他の資産運用会社 が税負担の軽減のために用いており、米議会の調査対象となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。