南アのサソル:黒人向けに株式3200億円相当を売却へ-最大規模

南アフリカ共和国の石油会社サソルは25 日、黒人投資家向けに32億ドル(約3200億円)相当の株式を売却すると発表 した。同国が1994年にアパルトヘイト(人種隔離)政策を放棄して以来、黒人 を対象とする最大規模の富の再分配となる。

同社の資料によれば、売却されるのは全株式の10%で、国内事業の19.7% に相当する。政府が定めた目標値を満たすもの。売却価格は18日の株価終値 410ランド(約5090円)を11%下回る水準。

サソルによる黒人向けの株式売却は、1年半前のプラチナ生産会社、イン パラ・プラチナ・ホールディングスによる従来の最高額の倍の規模となる。南 アフリカ政府は企業に対し、アパルトヘイト政策で虐げられた黒人への補償の 一環として、黒人向けに割安な価格で株式を売却するよう促している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE