TAIYOが東証2部に新規上場、売り気配スタート-油圧器メーカー

油圧シリンダーなどに強みを持つTAIY Oが26日、東京証券取引所2部市場に新規上場した。午前9時5分現在、公開 価格の150円で差し引き64万株の売り超過となっている。

同社は1933年設立の油圧器、空気圧機器の老舗企業。しかし、90年代後半 の過剰投資がたたり経営破たんした。01年に会社更生手続きを終了し、02年に 世界的な油圧・空気圧器メーカーの米パーカー・ハネフィンから59%の出資を 受け入れ、傘下に入った。スピード再建で技術力も保全、一般産業機器用の油 圧シリンダーでは国内40%超のシェアを保有、米パーカーのアジア戦略を後方 支援している。

2008年3月期の連結業績予想は、売上高が前期比0.1%増の254億円、経 常利益が同2.2%増の20億円、1株あたり利益(EPS)は24円48銭。

TAIYOは上場に際して300万株の公募と887万1000株の売り出し(オ ーバーアロットメントを含む)を実施。主幹事は野村証券が務めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE