UBS:08年半導体売上高予想を4%増に下方修正-携帯電話も引き下

スイスの銀行大手UBSは26日、今年の世 界の半導体および携帯電話の売上高予想を下方修正した。需要軟調で価格が押 し下げられるとの見方が背景。

UBSが同日発表したリポートによると、半導体業界の08年売上高は前年 比4%増の2730億ドル(約27兆円)の見込み。従来は7%増と見積もられて いた。また、携帯電話の売上高予想は2%増と、従来予想の半分の伸びに下方 修正された。

リポートによると、半導体の平均価格は5%下落と、従来予想の2%下落よ りも大きく落ち込むと見込み。コンピューターや家電製品に搭載される半導体 メモリーの価格が、供給過剰を背景に40%以上下落し、平均価格を押し下げる と予想されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE