東証:時価総額2倍超の1000兆円目標-「総合取引所」へ派生商品も強化

東京証券取引所グループは25日、「総合 取引所化」などを視野に、現在約400兆円の上場株式時価総額を今後3年間で 2倍超の1000兆円台に拡大する目標などを盛り込んだ中期経営計画を発表し た。デリバティブ(金融派生商品)市場の取引残高も倍増するなどアジア最大 級のデリバティブ市場になることも想定し、国際競争力を強化する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。