ヤマダ電:元旦営業を廃止-社員の労働面に配慮、CO2削減も

家電量販店最大手のヤマダ電機は、1月1 日(元旦)の営業を廃止する。26日の発表資料によると、社員の仕事と生活の調 和といった労働面や二酸化炭素(CO2)削減など環境面という観点から労働組 合と協議し決定した。元旦営業廃止によってCO2の削減効果はグループ全体で 約830トンが見込まれるとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。