米国債:上昇、消費者信頼感指数の低下や住宅価格下落で買い優勢(2)

米国債相場は上昇。この日発表され た米消費者信頼感指数が5年ぶり低水準となったことや住宅価格の下落 を示す統計を受けて、米景気がリセッション(景気後退)入りしている との懸念が広がり、ほぼ1週間ぶりの大幅な上げとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。