3月米消費者信頼感指数:64.5に低下、期待値は73年以来の最低

米民間調査機関のコンファレンス・ボー ドが25日に発表した3月の米消費者信頼感指数は64.5に低下。5年ぶりの 低水準となった。ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値73.5 も下回った。前月は76.4(速報値は75.0)に上方修正された。

半年後の景況感を示す期待指数は47.9(前月58.0)と、1973年12月 以来の低水準となった。当時はウォーターゲート事件でニクソン政権が揺らぎ、 石油輸出国機構(OPEC)による原油輸出の停止が信頼感に悪影響を及ぼし ていた。

現況指数は89.2と、前月の104から低下した。

ディシジョン・エコノミクスのシニアエコノミスト、ピエール・エリス氏 はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「厳しい環境下にある。 リセッション(景気後退)に入っているのはほぼ確実だ。問題はどれくらい深 く、どのくらい長期化するかだ」と述べた。

項目別では雇用が現在十分にあるとの回答は18.8%と前月の21.5%から 落ち込んだ。職を得るのが困難との回答は25.1%と、前月の23.4%から上昇 した。

今後6カ月間に所得増を予想するとの回答は14.9%と前月の18%から低 下。1967年の統計開始以来で最低となった。雇用増を予想する回答は7.7% (前月は8.9%)に低下した。

-- With reporting by Brian Sullivan in New York. Editor: CarlosTorres

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: Bob Willis in Washington at +1-202-624-1837, or bwillis@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +1-202-624-1972 or canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE