中国人民元:ペッグ制廃止後の高値更新-インフレ抑制で元上昇容認か

中国の外国為替取引では25日、人民元が対 ドルで上昇し、2005年7月のドル・ペッグ(連動)制廃止後の最高値を更新し た。11年ぶりの高い伸びを記録したインフレの抑制を中国当局が目指すなかで の元高となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。