中国国際航空、上海航空と資本交渉を開始-東方航空が提携拒否で

時価総額で世界最大の航空会社、中国国際 航空は25日までに上海航空への出資に向けた交渉を開始した。提携相手の第1 候補だった中国東方航空が資本の受け入れを拒否したのを受けた措置。中国最 大の商業都市、上海でシェアを拡大するのが狙いだ。

中国国際航空の企画開発担当責任者、スン・ユィ氏は24日、北京でインタ ビューに対し「上海航空は上海での良いパートナーになり得る」と指摘。上海 航空との提携により「われわれは上海で東方航空と真っ向勝負ができるかもし れない」と語った。

中国国際航空は、北京に続いて上海にもハブ空港を構え、成長の著しい中 国の航空市場で支配的なシェアを占めたい考え。上海航空との提携が実現すれ ば、上海市場でのシェアは2倍以上になり、東方航空とのシェア争いをより効 果的に進めることが可能になる。

カザノブ・アジアのアナリスト、アンドルー・アウ氏は「中国国際航空の 最優先事項は、コストを度外視してでも上海を押さえることだ」と指摘。「東方 航空と手を組めなければ、次善の選択肢は上海航空だ」との見方を示した。

上海航空は上海の航空市場で15%のシェアを占める(乗客数ベース)。中国 国際航空は12%、東方航空は40%。

-- Editor: James Gunsalus, Bret Okeson

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Irene Shen in Shanghai at +86-21-6104-7022 or ishen4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bret Okeson at +81-3-3201-8335 or bokeson@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE