債券相場は一段安、国内株が午後に上昇幅拡大-入札結果は予想下回る

債券相場は一段安(利回りは上昇)。前日の 米国市場で株高・債券安となった流れを継続しているほか、日経平均株価が一 時は300円超の上昇となったことが売り材料視されている。この日実施の2年 利付国債入札の結果が市場予想を下回ったこともヘッジ売りなどを促している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。