中国株(午前):CSI300指数、続落-中国石油安い、上海航空は高い

25日午前の中国株式市場では、CSI300指 数が続落している。中国政府が株価対策を導入するとの観測が後退した。

原油相場が4営業日続落となるなか、中国最大の石油会社、ペトロチャイナ (中国石油)が下落。このままいけば終値が昨年11月の上場以来の安値となる。 上海航空は値幅制限いっぱいの10%高となった。中国国際航空が上海航空への 出資に向け、協議を進めていることを明らかにしたことを好感した。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCSI 300指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、前日比44.97ポ イント(1.2%)安の3812.12。前日は4.5%下げた。

ペトロチャイナ(601857 CH)は0.95元(4.8%)安の18.88元。上海2位 の航空会社、上海航空(600591 CH)は0.93元高の10.24元。中国国際航空 (601111 CH)は0.74元(4.6%)高の17.01元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE