アジア株:3日続伸、ベアーS買収額引き上げを好感-三菱UFJ高い

25日のアジア株式相場は3営業日続伸。米 銀JPモルガン・チェースが米証券ベアー・スターンズ買収額を引き上げたこ とや、2月の米中古住宅販売件数が予想外に増加したことを受け、米経済が住 宅市場の低迷を乗り切るとの見方が強まった。

オーストラリアの銀行最大手、ナショナル・オーストラリア銀行(NAB) が1カ月ぶりの高値を付け、三菱UFJフィナンシャル・グループは5営業日 続伸。堅調な住宅統計を受けて銅相場が上昇したことから、鉱山会社の豪BH Pビリトンも買われた。

ドイツ証券の下出衛チーフエクイティストラテジストはブルームバーグテ レビジョンとのインタビューで、投資家のセンチメントは改善していると語り、 株価が引き続き上昇するには、マクロ経済面でもっと好材料が必要だとの認識 を示した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前9時10分現在、前日比1.4%高 の137.93。相場がこのまま推移すれば、上昇率は過去1週間で最大となる見通 し。同指数を構成する10業種すべてが上昇した。日経平均株価は同1.3%高の 1万2643円87銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE