日水株が急落、海外事業不振に冷凍食品低迷が追い討ち-利益予想下げ

水産品に強みのある食品会社、日本水産の 株価が前週末比31円(7.4%)安の386円と急落。燃料費の高騰や海外事業の不 振から、21日に2008年3月期の業績予想を下方修正した。中国産の冷凍ギョー ザ中毒事件をきっかけに食の安全への意識が消費者の間で高まり、冷凍食品の 売れ行き低迷が追い討ちをかけた。予想以上の業績悪化と受け止められたうえ、 みずほ証券が24日付で日水の投資判断を「強い買い」から「買い」に引き下げ、 株価の下げが大きくなったようだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。