Gウィル:同意なく株追加取得ないように、UテクノHに-提案は検討

米投資会社サーベラス、モルガン・スタンレ ーとの資本提携で再建を目指すグッドウィル・グループは、主要株主に突然登場 したユナイテッド・テクノロジー・ホールディングスに同意なくしてGウィル株 式を追加取得しないように要請した。資本提携への影響が読めず、UテクノHか らの株主提案を検討できなくなる恐れがあるとしている。

東証で24日開示した資料によるとGウィルは、21日に表面化したUテクノ HによるGウィル株式30.4%取得について「事前の交渉も一切なく、突然なされ たもの」との認識を示した。そのうえで、大株主となったUテクノHの提案には 「十分な時間をかけて友好的、真摯に検討・分析する」との方針を示した。

同時にその前提として、UテクノHの株式買い増しが続けば株主・投資家に 誤解を与えるとして、Gウィルに同意なく追加取得しないようにUテクノHに23 日付で求めた。株主提案については待っているとしている。

UテクノHは21日、Gウィルの76万6594株を政策投資で取得したとする大 量保有報告書を提出した。これに先立つ11日にGウィルは、普通株と優先株でサ ーベラスとモルガンSから200億円の出資を受け入れると発表した。優先株が転 換されれば2社はGウィル株式46%を保有する。

Gウィル株はストップ高(値幅制限いっぱいの上昇)に当たる前週末比2000 円(17%)高の1万3700円で買い気配。UテクノH株は同1万6000円(8.0%) 安の18万3000円(午前9時49分現在)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE