グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以 下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場は、祝日のため休場。取引は25日に再開される。

【中国株式市況】

中国株式相場は4営業日ぶりに反落。金融株が安い。政府が相場押し上げ のための措置を講じるとの見方が後退した。

中信証券(Citic証券)は1カ月ぶりの大幅安、上海浦東発展銀行は 10%の値幅制限いっぱいの下げとなった。政府が住宅価格の抑制を目指すとの 一部報道を受けて売られた。

中国証券報が19日、政府に対し株式売買の減税を提案したことを受け、C SI300指数は21日までの3営業日間で7.3%上昇していた。

HSBC晋信基金管理で約5億1700万ドル相当の資産運用に携わる投資 マネジャー、閻冀氏(上海在勤)は「中国政府が市場の期待通りの措置を取ら なかったことに対する失望感が広がっている」と指摘した。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCS I300指数は、前週末比180.74ポイント(4.5%)安の3857.09で終了した。

【インド株式市況】

インド株式市場では、センセックス30種株価指数が3営業日続伸となった。 先週の4.9%下落は行き過ぎとの見方が広がった。銀行株が高い。

資産規模でインド2位の銀行ICICI銀行は、約5週間ぶりの大幅上昇。 住宅金融のハウジング・デベロップメント・ファイナンス(HDFC)は2営 業日続伸した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は、前営業日比294.57ポイ ント(2%)高の15289.40。

ICICI銀(ICICIBC IN)は38.20ルピー(5%)高の804.55ルピーで、 上昇率は2月14日以降で最大となった。HDFC(HDFC IN)は171.10ルピー (7.7%)高の2384.05ルピーと、昨年10月29日以来で最大の上げ。

【オーストラリア株式市況】

オーストラリア株式市場は、祝日のため休場。取引は25日に再開される。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比9.61ポイント(0.6%)高の1655.30。

【台湾株式市況】

週明けの台湾株相場は5営業日続伸。22日に投開票が行われた総統選挙で 最大野党・国民党の馬英九前主席が与党・民進党の謝長延元行政院長(首相) に勝利し、国民党が8年ぶりに政権を奪取したのを受け、中国との早期の関係 改善が期待され買いが先行した。

指標の加権指数は前週末比340.36ポイント(4%)高の8865.35と、昨年 11月15日以来の高値を記録。採用676銘柄中145銘柄が6%以上の上昇とな った。

観光や建設関連株が上昇。中国からの旅行者や社会資本事業の増加による 利益拡大が期待された。ホテル運営の第一飯店(2706 TT)は2002年8月12 日以来の高値に上昇。同業の晶華酒店(2707 TT)は過去最高値を更新。不動産 の国泰建設(2501 TT)は06年12月11日以来の高値だった。

時価総額ベースで金融サービス台湾最大手の国泰金控(2882 TT)はほぼ8 カ月ぶりの高値。銀行部門の貸倒引当金の減少を発表したことが好感された。

商業ビル・集合住宅建設の華固建設(2548 TT)は過去最高値に上昇。クレ ディ・スイス・グループが同社の投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」 に引き上げ、12カ月目標株価を上方修正したのを受けた。

電子製品小売り台湾最大手の聯強国際(2347 TT)はほぼ4カ月ぶりの高値。 台湾紙、工商時報は22日、同社が対中投資を拡大する可能性があると報じた。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前営業日比102.88ポイント(3.6%)高の2927.79。

【マレーシア株式市況】

クアラルンプール総合指数は前週末比11.96ポイント(1%)高の

1201.02。

【タイ株式市況】

SET指数は前週末比3.96ポイント(0.5%)高の807.28。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前営業日比15.73ポイント(0.7%)高の2339.29。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前営業日比49.92ポイント(1.8%)高の2867.50。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE