福田首相:暫定税率問題、責任論の前に十分な国会審議を

福田康夫首相は24日夜、31日が期限となっ ている揮発油税など道路特定財源の暫定税率の維持を盛り込んだ租税特別措 置法改正案が成立しなかった場合の自らの責任問題や、これまでの民主党の 対応などについて以下のように述べた。首相官邸で記者団に語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。