中国株(午前):CSI300指数、4日ぶり下落-ペトロチャイナ安い

24日午前の中国株式市場では、CSI300指 数が4営業日ぶりに下落している。原油相場の3営業日続落を受け、石油関連株 が安い。中国最大の石油会社、ペトロチャイナ(中国石油)は昨年11月の上場 以来の安値を付けた。

大衆保険で4100万ドル相当の資産運用に携わる呉侃氏(上海在勤)は「ペ トロチャイナの決算がそれほど良くなかったことに加え、原油の下落が下押し圧 力となった」と説明。「石油セクターは現在、基本的に株価の上げ材料がないよ うだ」と述べた。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCSI 300指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、前週末比42.05 ポイント(1%)安の3995.78。前営業日までの3日間で7.3%上昇していた。

中国最大の石油会社、ペトロチャイナ(601857 CH)は0.83元(4%) 安の20.20元。同社が発表した07年通期決算は前年比2%増益と、アナリスト 予想を下回った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE