ジャスダック:大証とのシステム一本化を否決-特定株主の支配けん制

ジャスダック証券取引所の筒井高志社長 は24日夕の記者会見で、大阪証券取引所と売買システムを一本化する議案が 同日の取締役会で否決されたことを明らかにした。ジャスダック筆頭株主の日 本証券業協会が大証との間で進める株式売却などに影響を与える可能性がある。 ただ、ジャスダックと大証の経営統合に向けた協議は継続するとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。