日銀短観:業況判断DIは大幅悪化へ、リスク要因抱え企業が慎重に

日本銀行が4月1日発表する企業短期経済 観測調査(短観、3月調査)では、企業の業況判断指数(DI)が大幅に悪化す るとみられている。国際金融市場の動揺や世界経済の減速、エネルギー・原材料 価格の高騰による中小企業の収益環境の悪化や、生活関連物資の値上がりなど、 日本経済は内外ともに多くのリスク要因を抱えている。こうした強い逆風を受け、 短観では企業の景況感が慎重化していることが示されそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。