08年公示地価、都心部中心に伸びが鈍化-全国平均は2年連続上昇(2)

国土交通省が24日発表した公示地価(2008年 1月1日時点)によると、三大都市圏と地方圏の都心部の一部で上昇幅が縮小した。 オフィス需要の好調や不動産投資などで全国的には地価の上昇傾向は続いているも のの、大都市などは急速な値上がりに対する反動で上昇ペースの鈍化が目立ってい る。鈍化傾向はとくに昨年後半から顕著で、昨年の公示地価で16年ぶりに反転上 昇した地価は早くも天井が近くなってきたとの見方が出ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。