中国株(終了):4日ぶり反落-相場押し上げ策への期待が後退(2)

中国株式相場は4営業日ぶりに反落。金融株 が安い。政府が相場押し上げのための措置を講じるとの見方が後退した。

中信証券(Citic証券)は1カ月ぶりの大幅安、上海浦東発展銀行は 10%の値幅制限いっぱいの下げとなった。政府が住宅価格の抑制を目指すとの一 部報道を受けて売られた。

中国証券報が19日、政府に対し株式売買の減税を提案したことを受け、C SI300指数は21日までの3営業日間で7.3%上昇していた。

HSBC晋信基金管理で約5億1700万ドル相当の資産運用に携わる投資マ ネジャー、閻冀氏(上海在勤)は「中国政府が市場の期待通りの措置を取らなか ったことに対する失望感が広がっている」と指摘した。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCSI 300指数は、前週末比180.74ポイント(4.5%)安の3857.09で終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE