東京外為:ドル堅調、薄商いで需給主導―金融不安継続で下値不安残る

週明けの東京外国為替市場では、ドルが堅 調。海外市場の多くが休場で、閑散な商いの中、商品相場の急落を背景に対資 源国通貨や対ユーロなどでドルの買い戻しが進んだ前週の流れを引き継いだ。 ドルは対ユーロで約2週間ぶり高値水準となる1ユーロ=1.53ドル半ばまで上 昇。対円では一時、1ドル=100円台を回復した。

みずほコーポレート銀行国際為替部の宮地崇調査役は、ドルの堅調地合い について、「基本的にきょうは商いが薄いので、単なる需給の動きと見ており、 本格的なドルの戻しとは考えていない」と語る。その上で、「注目された米系 証券の決算が終わり、一服とも言えるが、先週末には米格付け会社による米金 融機関の格付け見通しの引き下げなどもあり、金融不安は引き続き継続してい る」といい、ドル安・円高方向の動きが再び強まる可能性はあると指摘する。

ドル安一服

先週は金融システム不安の高まりからドルが急落して始まり、ドル・円は 一時、約12年7カ月ぶりに1ドル=95円台へ突入。ユーロ・ドルも史上最安値 となる1ユーロ=1.5903ドル(ブルームバーグ・データ参照、以下同じ)まで ドル安が進んだ。

しかし、その後は、投資銀行への貸し出し窓口新設など米連邦準備制度理 事会(FRB)が矢継ぎ早に流動性支援策を発表したこともあり、過度の金融 システム不安はひとまず後退。欧米のイースター休暇を前にドル安一服となる 中、週半ば以降はこれまでドル安を背景に高騰を続けていた商品相場が急落し、 ドルは資源国通貨やユーロを中心に買い戻される格好となった。

こうした流れを受け継ぎ、週明け午前の東京市場でもドル買いが先行。原 油先物相場が時間外取引で下落する中、ユーロ・ドルは1ユーロ=1.54ドル台 前半で早朝の取引を開始すると、じりじりとドルが買われ、午前11時前には

1.5400ドルを突破。市場の流動性が低下し、通常よりも値が飛びやすいことも あり、正午過ぎには一時、1.5341ドルと今月12日以来の水準までドル高が進ん だ。

もっとも、ドル買いもそこまでで、その後は1.53ドル後半まで徐々に上げ 幅を縮める格好となった。

ドル・円も「本邦勢のドル買い」(みずほコーポレート銀・宮地氏)を背 景に1ドル=99円台半ば付近からじりじりと値を切り上げ、午後1時半すぎに は一時、100円02銭と、東京が祝日のため休場だった20日以来、2営業日ぶり の100円台を回復。しかし、100円台に乗せてくると「輸出企業のドル売りが出 てくる」(新生銀行キャピタルマーケッツ部・キム・カンジャ次長)といい、 ドルはすぐに99円台後半へ伸び悩んだ。

一方、ユーロ・円は1ユーロ153円台前半から後半で方向感に乏しい展開 が続いた。

商品相場とユーロ・ドルの動向注視

ニューヨーク原油先物相場は24日の時間外取引で下落。米景気減速が原油 需要の縮小につながるとの懸念が強まったほか、ドルの上昇が投資家に原油な どの商品の売りを促した。

原油や金、トウモロコシなど19銘柄で構成するロイター・ジェフリーズC RB指数は3月半ばまで過去最高値圏で推移していたが、先週は8.3%安と、少 なくとも1956年以降で最大の下落率を記録した。

新生銀のキム氏は、「先週はイースター前でコモディティ価格がかなり下 がり、これにつられてユーロ・ドルも下落したが、イースター明け後にポジシ ョン調整を終えて、もう一度コモディティ市場が上昇してくるようであれば、 ユーロ・ドルももう一度1.60ドルトライということになる」と指摘。その場合 は、ドル・円も先週付けたドル安値の95円76銭(EBSでは95円77銭)を 試す動きになるとみている。

一方で、「ユーロ・ドルの下落次第では、ドル・円が101円から101円50 銭ぐらいまで戻すこともあり得る」(キム氏)といい、目先は「ユーロ・ドル とコモディティ市場の動きが注目される」(同)。

米指標でドル安再燃も

この日はイースターマンデー(復活祭後の月曜日)のため、欧州やオース トラリア、香港など海外市場の多くが休場。一方、米国では中古住宅販売の発 表が予定されており、3連休明けの米国市場の動向に注目が集まる。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査によれば、2月の 中古住宅販売件数は前月比0.8%減少の485万件となったもよう。そのほかにも 今週は3月の米消費者信頼感指数や2月の耐久財受注、個人消費支出(PCE) などが発表される予定で、米景気の悪化度合いを探る手掛かりとなる。

JPモルガン・チェース銀行為替資金本部の棚瀬順哉FXストラテジスト は、米国の金利面での魅力が低下し、経常赤字のファイナンスが難しくなって いる状況の中、ドルのアウトパフォーマンスは長続きしないとした上で、「米 指標の弱い数字を受けて、金利が下がればドル安ということになりやすい」と 指摘。「ポジション調整で一時的に強含むことはあっても、基本的にはドルが 下落する方向がメインシナリオ」とみている。

信用不安くすぶる

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は21日、米大手 金融機関の利益は今後1年間で最大30%減少する可能性があると指摘し、米大 手証券のゴールドマン・サックス・グループ(GS)とリーマン・ブラザーズ・ ホールディングスの信用格付け見通しを「ステーブル(安定的)」から、将来 の格下げの可能性がある「ネガティブ(弱含み)」に引き下げた。

S&Pはまた、金融保証会社(モノライン)のファイナンシャル・ギャラ ンティー・インシュアランスと親会社FGICの格付けを再度引き下げる可能 性があることも明らかにしている。

一方、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は22日、FRBとイングラ ンド銀行、欧州中央銀行(ECB)がモーゲージ担保証券(MBS)市場を下 支えするため、公的資金投入の妥当性を検討していると報じたが、米紙ウォー ルストリート・ジャーナル(WSJ)によると、FRB関係者はこの報道を否 定している。

三菱UFJ信託銀行資金為替部の井上英明グループマネージャーは、米金 融当局が積極的に利下げに動くなど、信用不安の緩和に向けて手を打っている 中、市場は次の一手を見極める状況でドル売りがやや小休止といった感がある ものの、「金融機関の危機的な状況が第2、第3と明るみになってくる可能性 も残っており、ドルの戻り局面では売りが出やすい」とみている。

米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は24日、米銀JPモルガン・チェ ースが米証券大手ベアー・スターンズへの買収額を5倍に引き上げることを柱 にした新たな提案について23日夜に協議したと報じた。事情に詳しい複数の関 係者の話を基に伝えたもので、提示額をめぐるベアー株主の不満を和らげるの が狙いだという。

--共同取材:柿崎元子 Editor:Tetsuzo Ushiroyama、Hidenori Yamanaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 小宮 弘子 Hiroko Komiya

+81-3-3201-2371 hkomiya1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Sandy Hendry

+852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE