ワークスA株が2年超ぶり高値、ERPソフトが伸長-成長性を評価

パッケージソフトの開発・販売を手掛ける ワークスアプリケーションズ株が大幅高。一時は前週末比9.0%高の14万5000 円まで買い進まれ、2006年1月20日以来、約2年2カ月ぶりの高値を付けた。 主力の人事給与ソフトに加え、会計ソフトも大手顧客向けに伸びており、統合 業務ソフトベンダーとして業界内で存在感を高めている。同社の戦略や成長性 を評価する向きが上値でも買いを入れているようだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。