2月の米中古住宅販売485万戸に減少か、価格下落や信用収縮で-調査

ブルームバーグ・ニュースが金融・調査機関 63社を対象に実施した調査によれば、全米不動産業者協会(NAR)が24日に 発表する2月の米中古住宅販売件数は1月の489万戸から0.8%減の年率485万 戸(予想中央値)と、1999年に統計を取り始めて以来で最低になったもようだ。

売れ残り住宅が過剰で不動産価格が下落し、金融機関が信用関連損失を食い 止めるために住宅ローン融資基準を厳しくするなか、不動産不況は今後も続きそ うだ。米金融当局は18日の連邦公開市場委員会(FOMC)声明で、経済活動 の見通しが一段と悪化したとし、成長を維持するために必要な措置を取る方針を 示した。

IDEAグローバルの主任米国エコノミスト、ジョゼフ・ブラスエラス氏は 「住宅購入も価格も年内いっぱい低下が続くと予想している」と述べた。

中古住宅販売件数は午前10時(ワシントン時間)に発表される。ブルーム バーグ調査での予想レンジは469万-490万戸。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE