米株式市場:投信が株売却進める-ボラティリティの大きさを嫌気

米株式市場でボラティリティ(変動性)が 1929年のニューヨーク株暴落に端を発した大恐慌以来の高水準となるなかで、 投資信託は株式を売却し、現金の保有比率を高めている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。